お問い合わせ・お見積

Column
コラム

輸入食品の衛生管理者の設置について

輸入食品衛生管理者制度

輸入食品衛生管理者制度の目的は?

輸入食品衛生管理者制度は、輸入食品を扱う事業者が、輸入食品の安全性確保のために「輸入食品衛生管理者」を設置し、自社内の自主管理体制を確立することを目的としています。

公益社団法人 日本輸入食品安全推進協会が、輸入食品衛生管理者の養成機関となって、輸入食品の届出件数の急激な増加に伴い、平成4年度から「輸入食品衛生管理者養成講習会」を実施しています。
食品衛生管理者講習会では、食品衛生法関連事項(表示を含む)、食品等の輸入届出方法、食品衛生法違反事例など、食品輸入事業者が必要とする知識を体系的に学びます。

 

輸入食品衛生管理者の主な業務

(1) 食品等の輸入前の事前調査及び自主検査による安全確保活動の推進

(2) 食品等の安全確保に関する情報の収集と知識の習得、普及

(3) 食品衛生法第27条の規定に基づく食品等輸入届出書に輸入食品衛生管理者の登録番号を記入及び届出

(4) 輸入食品等安全情報登録の活用

(5) 検疫所が行う輸入手続きの簡素化及び迅速化への協力

(6) 輸入食品等に係る違反・事故等が発生した場合、検疫所と協力して適切な処置

(7) 消費者に対する正しい食品衛生知識の啓発その他輸入食品等の安全性に係る事項

 

輸入食品衛生管理者の資格認定・更新

公益社団法人日本輸入食品安全推進協会が実施する「輸入食品衛生管理者養成講習会」(3日間)の全課程を受講します。
全課程修了後、一定の理解を得ていると判断された者を同協会長が「輸入食品衛生管理者」として認定します。
厚生労働省医薬・生活衛生局生活衛生・食品安全部長に、輸入食品衛生管理者の氏名、所属等を報告し、食品等輸入届出書のホストコンピュータ(FAINS)へ登録されます。
最新の知識や情報を収集し業務に活用するために、資格更新研修(1日)を2年に1度受講する必要があります。
また、同協会が開催する食品事業者セミナーを無料で受けることができます。

 

輸入食品衛生管理者の講習内容は?

講習科目
Ⅰ 輸入食品衛生管理者制度
Ⅱ 輸入食品等の安全確保体制
Ⅲ 輸入食品等の現状
Ⅳ 食品衛生法等関係法規
Ⅴ 輸入食品等の届出事務
Ⅵ 食品等の規格基準
Ⅶ 食品等の安全確保(監視業務)
Ⅷ 食品の表示
Ⅸ 輸入食品等の食品衛生法違反事例

 

輸入食品衛生管理者の講習の受講料

一   般  :  83,000円
協会会員:  53,000円
(資格登録、テキスト、参考図書、昼食を含む)

関連リンク

公益社団法人 日本輸入食品安全推進協会 : http://www.asif.or.jp/index.html
輸入食品相談Q&A リンク:https://www.forth.go.jp/keneki/kobe/food/download/fqa.pdf

一覧へ戻る

CONTACT

ご質問、ご要望等ございましたら下記よりお気軽にご連絡下さい

Tel:045-641-4532

Fax:045-641-6400
受付時間:9:00〜17:00
(土日祝、年末年始除く)