お問い合わせ・お見積

Column
コラム

ワインを個人輸入したい、フランスやEU(EPA)関税

輸入ワインの市場動向

2019年輸入ワインの数量構成比において、輸入量1位のチリワイン、2位のフランスワインはそれぞれ3割弱を占めています。また、フランスや3位のイタリア、4位のスペインなどを含めたEU加盟国産ワイン輸入量合計の構成比は6割以上となっています。EU加盟国産ワインの輸入量が増加したことにより、赤・白ワインだけでなく、スパークリングワイン、オーガニックワイン、ロゼワインなど多様なワインに注目があつまり、ワイン市場全体も徐々に多様化しています。2019年2月1日に日EU経済連携協定(以下「日EU・EPA」とい う。)が発効され、日EU・EPAを適用して輸入するワインの関税 は即時撤廃されました。さらに、2019年4月1日、日チリ経済連携協定(以下「日チ リ・EPA」という。)の関税率が引き下げられ、日EU・EPAと同 様にワインは関税を無税で輸入することが可能となりました。全国のワインの輸入数量・輸入金額の月別推移(図1)を見ま すと、2019年2月が18,495KL(前年同月比108.3%)・153億円(前 年同月比113.6%)、4月が21,105KL(前年同月比136.9%)・165億 円(前年同月比122.4%)となり、EPA関税率が無税となった影響 もあってか前年同月比で実績が増えています。特にワインの名産国であるフランスからの個人輸入の需要はますます高まる事が予想されます。

これを機に、自分でワインを輸入してみたい、ワインの個人輸入に挑戦したいという方も増えてくるのではないでしょうか?

 

フランスワインの種類

ここで少々話題はそれますが、フランスのワイン産地についてまとめてみたいと思います!

 

ワインの輸入に関する届出など

(参照)税関:www.custom.co.jp

JETRO: https://www.jetro.go.jp

何かご不明な点がございましたら、経験豊富な当社のスタッフまで、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

一覧へ戻る

CONTACT

ご質問、ご要望等ございましたら下記よりお気軽にご連絡下さい

Tel:045-641-4532

Fax:045-641-6400
受付時間:9:00〜17:00
(土日祝、年末年始除く)